上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがパーツをリペイントするくらい大多数の神姫オーナーでしたら
どうってことない行為かも知れませんが、僕にとっては覚悟の要る決断で…



13091001.jpg
シアラ「おはよう~!」
シズク「…おはよう」
ソラ「おはようござーッス!!」
ルーチェ「おっは~……あふ…」
シアラ「ロゼッタもおはよう!」
ロゼッタ「あ、あー……おはよ…」



13091002.jpg
「「「「誰!?!?」」」」

シアラ「わ!?ぼ、ボクだよ!?」
シズク「…だよな……一瞬目を疑った、すまない…」
ソラ「あービックリした!ビックリしたッス!」
ルーチェ「どしたのその頭、マスターにフラレた?」
シアラ「違うよ!!」

13091003.jpg
ということでシアラの特徴でもあり、僕のキャッキャウフフの歴史ともいうべき
色褪せた髪パーツは…真面目にリペアのためIPA風呂にドボンさせました。
さよなら俺たちの青春…!(バカ

シアラには暫く予備の髪パーツを付けて過ごしてもらうことに。
シアラ「ふふふ、ちょっと生まれ変わったような気分…」
ノエル「おかーさん、ショートカットも似合うよ~」
シアラ「そう?ありがとう、ノエル」

13091004.jpg
初秋の着こなしって感じで(意味不明
スラッとしたジーンズとの組み合わせでオトナの魅力が!
ちなみにこのジーンズはまたしてもサンちゃんからの頂き物です。ありがたう!

13091005.jpg
そういえば昔は、こういう風に「マスターを見上げる」構図が多かったな…
などと、元通りの髪の色に戻ったシアラを見て懐かしくなったのであった。
今は僕とシアラの関係も変わったから、同じ目線での写真が殆どだね。

シアラ「…どうかした、マスター?ボクのことジッと見て…」
んー、いや…。何時も可愛いなあって。
シアラ「えぇ~~。本当は、別のこと考えたでしょ?」
さあな!

13091006.jpg
髪パーツ交換前、最後に撮った写真。
シアラ「うぅ、よりにもよってこんな…」
我ながらよくこんな塗装剥げるまで可愛がったものだ…。


今の髪パーツはあくまでも仮の措置。
シアラの髪は、僕自身で俺色に染め上げるのだ!
そしてまた真っ白に剥げるまで可愛がりまくる!!
スポンサーサイト

【2013/09/10 00:00】 | 神姫
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。