上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常磐線の東京週末フリー切符が9月で廃止になっていたらしい…。
土日往復の特急乗車券だけでなく、都内のJR線も乗り放題だったので
交通費が浮いて凄く重宝していたのですが…これは痛い!
でも郡山や会津若松からのフリー切符はまだ生きているんですよね。
被災地いじめか!?(こんな時ばかり主張



13112001.jpg
ロゼッタ「でね?この家でマスターや他の神姫からも認めてもらうにはモグモグ
  強くなるのが一番モグモグかなって思ったわけよモグモグ神姫として
  生まれたからには誰だって最強を夢見るものじゃん?モグモグ
  まっ、シアラは嫁入りしたからモグモグ違うみたいだけどさモグモグ
  あ!このドーナツっての全部食べていいんだよね?」
シアラ「いいよ、でも食べながら喋るのはお行儀悪いよ。…ふふふっ」

13112002.jpg
ロゼッタ「な、何だよ、そんな笑って…」
シアラ「ん……よく食べるし、よく喋る子だったんだなって、ふふ」
ロゼッタ「………」
シアラ「これからは、ドーナツも好きなだけ食べていいし…
  話したいことがあったら、何時でもボクに話してよ」

13112003.jpg
ロゼッタ「シアラの言いたいこともエスターの言ってたことも頭では分かってる。
  ボクはバカじゃないから。分かってるんだよ…けど…」
シアラ「…とにかくバトルに集中したいならそれでいいし、ボク達の生活に
  無理に合わせろとは言わないよ。それはボクもマスターも強要しない。
  でもねロゼッタ、ずっと一人で戦い続けてたら…何時か絶対、疲れちゃうよ」
ロゼッタ「……もう………だし」(ボソッ

13112004.jpg
ロゼッタ「…ちぇ。ずるいよな、こんなお菓子でボクを釣ってさ。
  なんか…見せたくない部分まで見られちゃったよ、あんたに…」
シアラ「そんなつもりじゃなかったんだけどね…
  でも、今話さなきゃ、また居なくなっちゃうんじゃないかなって」
ロゼッタ「頂点を目指す者は…常に孤独なのさ……ま、でも!
  気が向いたら、またドーナツ食べに来るよ。たぶん……明日も……」

13112005.jpg
(ぎゅっ

ロゼッタ「わ…!」
シアラ「待ってるよ…何時だって。貴方は……家族だから…」

ロゼッタ(な、何だ、この気持ち……あれ、ボク…!?)

13112006.jpg
シアラ「ご、ごめんね急に」
ロゼッタ「ん、んあ…い、いいよ、別に(ゴシゴシ
  …なんかさ、今…変な感じなんだけど……」
シアラ「ん?」
ロゼッタ「笑うなよ。……お母さんみたいだなって、思ったんだ」
シアラ「あはは。一応ボクはお母さんだし、みんなのお姉さんのつもりだけどね」

13112007.jpg
ロゼッタ「取り敢えず!シアラ達には迷惑は掛けないようはするから。
  でも、一つだけ。ラナと口論しようが喧嘩しようが止めないでよね?
  あいつにだけは、死んでも負けたくないからさ!!」(ビシッ
シアラ「う~~~ん……困ったなぁ…」
ラナ「あ、ロゼッタがいる!ママと何話してるの!?」

13112008.jpg
ロゼッタ「大人の話だよ、あんた達おこちゃまには難しい話さ。どいて」
ラナ「おこちゃまとはなんだ!」
ノエル「どこ行くの~?」
ロゼッタ「世話になるから挨拶回りしてくる」

13112009.jpg
ラナ「ママぁ~アイツいっつも生意気なんだけど!今どんな話してたの!」
シアラ「ん~、ノエルやラナ達と仲良くしてねってことかな…」
ラナ「どこがだよー!あ、ドーナツ全部食べたなロゼッタ!!」
シアラ「2人の分も取ってあるから、ね?」

ノエル「私は、前よりもロゼッタの顔が優しくなったように見えたな~。
  そう思うでしょ、ドラゴ?」
ドラゴ「ギャウッ」
ラナ「そんなわけあるかー!!」



ここから先は、ラナの努力次第だよ!(黙れ
スポンサーサイト

【2013/11/20 00:00】 | 神姫
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。